若頭は仔猫がお好き。【完】

春の予感 /SIDE 琉偉

俺は男だぁ~~~~~といつでも叫びたい




なのにいつもみんな俺を子供扱いし


また女のようにみる奴もいる


名前まで「るい」だからもう逃れようがない




俺は小学生の時に悲惨な思いした時に若に助けてもらった


若がヤクザって聞いても俺には理解不能


月と星の暴走族は理解できた


俺はそれに入るぞ



そして「そーちょ」って奴になる

そう今、月がやってるあれだ


早く16になって免許も取る

その前に俺は女の子とチュウをするんだ

それは決めてる




星が言ったんだ・・・・


「琉偉、男はなチュウして格が上がるんだ」




俺はいっぱいチュウするのを目標に頑張ってる




0
  • しおりをはさむ
  • 114
  • 1038
/ 321ページ
このページを編集する