愛してくれたのは極道の男

秋の闇 /戸惑う側近


結愛が客に襲われた翌日


俺はあの女“ゆかり”と会っていた


いつものホテルで、いつものように身体を重ねる


長年重ねた身体はきっとゆかり自身よりも俺の方が知り尽くしているだろう



愛はないが情はある



10年前、男に殴られているところを拾ってやった


まだ高校生だったゆかりは学校にも行かないで、男たちを渡り歩いていた


親に捨てられ愛に飢えたゆかりは、一夜だけでも一緒にいてくれる男を探し求め歩いていた

0
  • しおりをはさむ
  • 83
  • 1005
/ 390ページ
このページを編集する