愛してくれたのは極道の男

秋の闇 /天罰



きょうさんは、何度か食事に連れて行ってくれ、その時に洋服をプレゼントしてくれた


きょうさんからのチップはなく、それが食事や洋服に変わる


本来ならそれは有難いもの


だけど、彼にとってそれは怒りしかない



あの人がゆかりさんの名前を優しく呼び、彼女の腰を優しく抱く


それを見て私の心は乱れ、悲しくなる


それを、きょうさんからの誘いであの人を忘れようとする私は酷い女だ




そう思った私に罰が下る

0
  • しおりをはさむ
  • 83
  • 1002
/ 390ページ
このページを編集する