愛してくれたのは極道の男

秋の闇 /極道の女…男の頼み事



「もう大丈夫だからね」



そう言ったのが先生だった



先生は学会の為に私の住む街に来ていた



学会の後、仲間と飲みタクシーで帰る途中私を見つけた


お父さんと私の会話を聞き、お父さんの異常に気づいた先生は私を抱き上げタクシーに乗せてくれた



私はお父さんから逃げることに成功した

0
  • しおりをはさむ
  • 90
  • 1028
/ 390ページ
このページを編集する