君が煌めくまで(完)

秋の風 /黄昏





半分だけ染まった


いちょう並木は


どんな顔をして


黄昏を待つのだろう







しんと静まりかえる


秋の夕暮れは


ひとたび誰もが


息をのむ







これから伸びゆくもの


ここまで華やいだもの


これで役目が終わるもの


ほうき雲にはこばれて


秋時雨にながされて







君たちのゆくえは


分からない


君たちの答えは


ここではない





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する