君が煌めくまで(完)

冬の陽 /忘れ音





つのる思いをはせて


天から雪が降ってくる


いくつもの涙が交差して


つま先にたどりついて


体の内側の温かい部分に


爪あとを残す







お互いの大切さの


基準の中では


かなり落差があるもので


とっても


大事なことだったり


どうでもいいこと


だったり






しなやかな囁きも


まぼろしのようで


愛を語るには及ばない





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する