君が煌めくまで(完)

冬の陽 /冬の魔法





氷点下にひしめく情熱が



冷たい耳をかすめる時



この思いの魔法に気づく



やましいことなど



何もないと



言ってたあいつの



瞳の奥は



危険な炎をくゆらせて



枯れ葉を



またたく間に焦がす




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する