君が煌めくまで(完)

冬の陽 /寒い街





おなかの羽毛を



ふわふわにして



つがいの鳥がにじり寄る



鼓動は休まず



彼らを打ちつづけ



かわいた街に



わた雪が舞う



その鼓動が



僕たちの耳をかすめ



感動と焦りと



奥行きのある臨場感で



満たされる





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する