君が煌めくまで(完)

春の薫り /夢見鳥





いちど沈んで


浮きあがってくる


ミルクが描く


春霞のような


柔らかな感触が


のどに届いて







桃色の風の中で


しろつめ草の


かんむりを作った


小川のせせらぎや


小鳥の歌声







一緒に駆けて


一緒に笑った旋律が


自分の背景を


とりまくような感じ





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する