君が煌めくまで(完)

夏の夢 /菖蒲月(あやめづき)





薫風がさわやかな午後



菖蒲のつぼみが



またひとつ



それはまるで絹のように



重なり合っていた片が



ゆっくりと開くのを




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する