君が煌めくまで(完)

秋の風 /君について





僕の知ってる秋ならば


全部ゆだねていいものを


僕の知らない黄昏が


次から次へとひるがえる


例えば朝の雲の色


午後なら銀杏(いちょう)の舞う角度


初霜おりる夕べとか


はく息白い帰り道





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する