君が煌めくまで(完)

夏の夢 /青夏





カヌー小屋から



小さな熱情が



どうしても消えない



むせかえるほどの



暑い夏に



日焼けした肌で



漕いでいた



あの頃は



こわいものなど



なんにも無かった




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する