君が煌めくまで(完)

夏の夢 /天の川





生まれては


初めて見たと君が言う


あの丘の


夜空に浮かぶ天の川


その面に


はじく泪の思い出を


巻く帯の


糸にからめた腕まくら






もみじ葉が


青から彩を移せども


我の手が


君から離れていかぬよに


我の手を


千切れんばかり握りしめ


行き過ぐる


流れの星に祈るのを





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する