君が煌めくまで(完)

夏の夢 /擬宝珠





擬宝珠の



葉をつたう雨粒が



天真な緊張感で微笑む



約束は決してやぶらない



初夏の陽射しのまごころ






あたしは彼に何を



何を



与えてしまったんだろう




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する