君が煌めくまで(完)

夏の夢 /湯かたびら





体中を包んでいたものが



一変にして別のひとの



匂いになった時



それでも



そのものにならずに



たとえば篤々と



花火の音だけが



浴衣をなめる




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する