君が煌めくまで(完)

秋の風 /紅葉





風が運んでくる未来は

時間という名の紅葉

目を閉じて秋を知れば

水面の波紋が揺れる




ひとりでいる時に

あなたを想った

茜に映える美しい横顔を

見たいと願った

少しずつ少しずつ

舞い落ちる紅葉のように

ゆっくりと想った




重なり合う葉と葉の

彩(いろ)が透けて見える部分の

微妙な配色みたいに




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する