君が煌めくまで(完)

秋の風 /スパイ





時に童心は


いたたまれぬほど


ひとの果てを


知らしめるように


ココロに傷をつける





真っ赤なもみじに化けた


艶(あで)やかな盗賊


炎のように焼けた空が


赤むらさきになり


青むらさきになり


藍(あい)になり


漆黒になり





もっともらしい罪跡に


かなわないふりをする





0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 60ページ
このページを編集する