しぃの部屋

お部屋 /2016.9.16~





ひとりでいる時に

君を感じた

茜に映える旬の声を

聞きたくなった




少しずつ少しずつ

舞い落ちる

故郷の紅葉のように

ゆっくり感じた




重なり合う葉と葉の

色が透けて見える部分が

君の優しさと温かさ




0
  • しおりをはさむ
  • 11
  • 3
/ 98ページ
このページを編集する