出会い系サイトの彼女。【完】

監禁 /残されたメール

翌朝、目を覚ますと、なつきが携帯電話を見ていた。


一瞬焦って、すぐに、俺のは自分で壊したんじゃないかと思い当る。


なつきは熱心に画面に見入っている。

時々指を動かしているところを見ると、どうやらスクロールしているらしい。

メールだろうか。


一体、誰と?


――――――『協力者』?


なつきが顔をあげて、目が合った。

心臓が大きく跳ねる。


「おはよ」

「……お、おはよう」


昨夜から、俺は口を拘束するためのボールをしていなかった。

絶対に大声を出したりしないし、なつきと自由に話がしたいんだ、と懸命に訴えたのだ。

なつきは、しばらく考え込んで、承諾してくれた。







0
  • しおりをはさむ
  • 2665
  • 1186
/ 421ページ
このページを編集する