嘘つきな君 【完】

第1章 /すべての始まり



「嘘っ!! やっばいっ!!」



冬の朝は嫌い。

布団の中が天国になるから。

そして、案の定。

天国の中にいたら地獄に突き落とされた。


目が覚めたのは出勤時間の1時間前。

遅刻まで逆算して考えると、すぐにでも家を出ないとアウトだ。


足元に絡まった布団を無造作に蹴り上げて、急いで洗面所に駆け込む。

ザバザバと顔を洗った後、ソファーの上に畳んだまま置いてあった服の山から、適当に引っ張り出したものをコーディネートも考えずに着込んだ。



「あ~も~ドラえもんっ!!」



テンパった末に訳の分からない事を口走りながら、化粧道具を広げてファンデーションを塗りたくる。

本当にこの世にドラえもんがいたら、秘密道具で一発解決なのに。

なんて、くだらない事を考えながらバタバタと顔を仕上げていく。


猛烈な勢いで自分の味気ない顔を仕事用の顔に変えていく。

こういう時、本当に女ってめんどくさい。

スッピンで行ける男の人が羨ましい。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5648
/ 380ページ
このページを編集する