嘘つきな君 【完】

第1章 /変わっていくもの


秘書という仕事を初めて嫌だと思った。

それは。



「おはようございます」



どんな事があっても、仕えるべく常務に毎日会わなければならないからだ。






「おはよう」

「今日のスケジュールの確認です」



ほんの数時間前までは手を絡めあっていたのに。

心の整理なんて全くついていないのに。

今は、何事も無かったかの様に振る舞わなければならない。

――だって、ここは職場だから。



「――……以上です」

「分かった。下がっていいぞ」



手帳から顔を上げた私に一度視線を向けてから、いつもの様に素っ気無く頷いた彼。

何事も無かった様に振る舞う、成熟した大人の対応。


いつも通りの表情で。

いつも通りに接する。

昨日のどこか弱っていた姿も、気の迷いか手を重ね合った事も。

彼の中では、『無かった事』らしい。



「10時から会議です。資料の確認をお願いします」



だから私も、何事も無かったかの様に仕事をこなす。

常務がそういう態度なら、私もそうする。

昨日の事は、『無かった事』に――。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5644
/ 380ページ
このページを編集する