嘘つきな君 【完】

第1章 /あなたの傍で

「おはようございまーすっ!!」



満面の笑みで会社のロビーを闊歩する。

頬の緩みを押さえる事なく、そのまま自分のデスクに着いた。

すると。



「うわ、分かりやすっ!!」

「んふふ~そうですか?」



隣の席に座る秘書課の先輩が、苦笑いで私の方に視線を向けた。

まぁ、我ながら同じ事思うから否定はしない。



「何いい事あったの~?」

「ん~。久しぶりに綺麗な夜景を見たんです」

「夜景1つで、そこまで上機嫌になれんの? 芹沢って」



軽い尊敬の眼差しで見つめてくる先輩に微笑みかけながら、デスクの上のメモに目を通す。

なんだろう。

このヤル気に満ち溢れている自分は。

何もかもが輝いて見えるのは、きっと彼のおかげ。



「あ、神谷常務だ!」



根掘り葉掘り聞こうとしていた先輩が、パッと顔を上げて頬を染める。

その視線の先には、いつもの様に数人の部下を引き連れて何やら話している常務。



「相変わらず、素敵だぁ~」

「――はい」



思わず一緒になって見惚れてしまいそうになって我に返る。

慌てて緩んでいた頬をキッと持ち上げて、近づいてくる重役達に頭を下げた。



「おはようございます」

「おはよう」



その声を聞いて、ゆっくり視線を持ち上げると、書類を片手に持った常務と目が合う。

その瞬間、小さく心臓が跳ねて無意識に頬が緩みそうになる。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5647
/ 380ページ
このページを編集する