嘘つきな君 【完】

第1章 /誰もいない世界で



TRRRRRR。


私が一番嫌いな目覚め。

それは、電話の着信音で起きる事。


TRRRR。

TRRRR――…。



「ん~、も~煩いなぁ~」



フカフカのベットに潜り込んで、枕元に置いてあった携帯を睨みつける。

時計を見れば、まだ起床時間の1時間前だ。



「一体誰よ、こんな朝っぱらから」



まだ重たい瞼を擦りながら、コンタクトの入っていない、ぼやけた世界の中で携帯を持ち上げる。

眉間に皺を寄せて画面を見れば、驚く人物からの着信だった。

一瞬出るのを躊躇ったが、仕方なく通話ボタンを押す。



「――…なんでしょう」

『すげー声』

「こんな朝早くに何でしょう、神谷常務」

『朝から、つっかかるな』



開口早々飛んできた言葉に、思わず舌打ちが出そうになる。

朝は機嫌が悪い事を彼は知っているのだろうか。

それでも、上司かつ彼氏の常務に、そんな姿まだ見せるわけにはいかず、ノロノロと布団に丸まりながら喉の調子を整えた。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5645
/ 380ページ
このページを編集する