嘘つきな君 【完】

第2章 /嘘


木々が葉を落としてしまった。

ハラハラと散っていく、真っ赤に染まった紅葉。

色鮮やかだった世界が、寂しくなる。


吐く息の白さが目の前に広がる。

世界はどこか薄い銀色に包まれている。



「寒いですね」

「寒いな」



外での仕事から帰ってきて、コートを脱いだ常務にそう言うと、返ってきた声。

どこか不機嫌なその返答に思わずクスクス笑いながら、温かいコーヒーを淹れる。



「常務、寒いの苦手でしょう?」

「そうでもない」

「嘘。さっきから不機嫌そうに手を擦り合わせてるじゃないですか」



そう言って笑うと、図星だったのか、常務は不貞腐れた様に椅子にドカッと腰かけた。

本当に、意地っ張りなんだから。



「私は好きですよ。冬」

「どこが」

「なんだかロマンチックじゃないですか。何もかも」



キラキラと輝くイルミネーション。

どこか凛とした空気。

輝く星空に、降ってくる真っ白な雪。

全てがどこか、ロマンチック。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5647
/ 380ページ
このページを編集する