嘘つきな君 【完】

第2章 /涙




「菜緒!」



名前を呼ばれて顔を上げる。

すると、人ごみの中を駆け足で駆け寄ってくる仁美の姿があった。

その姿を見て、ニッコリと笑う。



「ゴメンね。こんな深夜に突然呼び出して。仕事中だった?」

「ううん」

「そっか。なら、よかった」

「どしたの急に?」

「ちょっと飲みに付き合ってよ」

「え?」

「今ね、すっごい飲みたい気分なの」



そう言って、寄りかかっていた壁から体を起こして、ニコニコと笑う。

それでも、そんな私を見て仁美は眉を歪めた。



「何かあった?」

「――」

「顔、真っ青だよ」



笑顔を張り付けた私の顔を覗き込む仁美。

その視線から逃げる様に、笑顔のまま目を伏せた。


微かな沈黙が私達を包む。

何か言わなきゃいけないのに、言葉が出ない。

すると。



「来て」



その言葉と一緒に、突然腕を引かれて顔を上げる。

すると、いつものポーカーフェイスで私の腕を引いて歩き出す仁美がいた。



「ど、どこに行くの?」

「私の家」

「え?」

「こんな人が多い所じゃ、話もできないじゃない」



スタスタと前だけ向いて、そう言う仁美。

その言葉にコクンと小さく頷いて、ただ引かれるままに足を動かした。



0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5649
/ 380ページ
このページを編集する