嘘つきな君 【完】

第2章 /分かれ道




「お先に失礼します」



カタカタとパソコンのキーを打つ音が響く部屋に、小さく呟く。

お疲れ―。と声がかかる中、小さく会釈しながら秘書室を後にした。

無意識にチラリと常務室に視線を向けたけど、相変わらず暗いままだ。

――常務はまだ、帰ってきていない。


アメリカへ行ってから、一週間が過ぎた。

あの雪が降った日から、一週間も。



「お疲れ様でした」



フロントの子にニッコリ笑って会社を後にする。

外はもう冬の気配を間近に感じて、寒さから逃げるように首に巻いていたマフラーに深く顔を埋めた。


すっかり日が短くなった。

辺りはすっかり暗闇に包まれて、吐く息の白さをより一層際立出せた。

相変わらず、世界は色のない銀色に包まれている。



「寒っ」



ブルッと身震いしながら、足早に駅に向かう。

そんな時、不意に目に入る人影。

前に出した足が、思わず止まる。

どうして? と思いながら、私をじっと見つめるその人を見つめ返す。

駆け寄ろうと思ったのに、どうしてか足が前に出ない。



「お疲れ」



そんな立ち止まって目を見開いている私に、ニッコリと向けられる笑顔。

久しぶりに見る、姿。

その姿に、何故か胸が痛んだ。



「……先輩」



ようやく落ちた声は、酷く小さなものだった。

そこにいたのは、まるで私が出てくるのを待っていたかのように佇む、菅野先輩だった。

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5647
/ 380ページ
このページを編集する