嘘つきな君 【完】

第1章 /仮面をつけた悪魔



「んぁーっ」



朝日が差し込むカーテンに向かって、大きく背伸びをする。

ボーっとする頭でテレビの横に置いてある時計に目を移すと、いつもの起床時間だった。



「なんか……虚しい」



体内時計が出来上がっている私は、休みの日でも、こうやって目覚ましの音が無くても、いつもの時間に起きる事がある。

例え、仕事先が無くなっても――。


ボーっとする頭で、そのまま窓の外を見つめる。

不意に思い出すのは、あの男の事。

あの、意地悪で無神経で、腹の立つ男の事――。


悪魔みたいなあの男と出会って、何週間か過ぎた。

あの日、突然帰ってしまった神谷さん。

その事に妙に腹が立って、あの後仁美と先輩を巻き込んで浴びる様にお酒を飲んだ。

それなのに、何故か酔う事も出来ずに解散の時間となり、不完全燃焼のまま眠りにつくハメになった。



「せっかくの飲み会だったのに、あの神谷って男のせいで台無し」



1人愚痴を零しながら、いつもの様にトーストをセットする。


それでも、思い出すのは、あの黒目がちな瞳。

淡いバーカウンターに映し出された、端正な横顔。

どこか色気が漂う、不敵な笑み――…。


そこまで思い出した途端、ブンブンと勢いよく顔を振る。

少しでも夢心地になった自分を薙ぎ払うように。



「かっこよくても、あの性格じゃ願い下げよっ」



記憶の中のアイツに、少しでも胸が高鳴った自分に喝を入れる。

男はやっぱり、顔より性格よ!

0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5644
/ 380ページ
このページを編集する