嘘つきな君 【完】

第1章 /辞令



「で、どうなのよ」



口の上についたビールの泡をひと舐めした仁美が、目を輝かせて顔を近づけてきた。

そのあまりの気迫に、思わず体を後ろに引く。



「何が?」

「だから、新しい会社よ」

「中身は一緒だよ? 人も仕事も」

「そうじゃなくて。 噂の神谷ビルよ」



深い溜息と一緒に、もう一度ビールを煽ってそう言った仁美。

そして、徐にカバンの中から雑誌を広げて見せた。



「今、日本で一番洗練されたオフィスビルで有名なのよ?」

「大げさだなぁ」

「あのビルに入ってて気づかない? ゴージャスでラグジュアリーでしょうよ」

「あぁ……うん。それは……確かに」



歯切れの悪い私の言葉に、眉間に手を当てて深い溜息を吐いた仁美。

その姿を見て、思わず苦笑いする。


視線を落とせば、テーブルの上に広がる写真が目に入った。

自分の会社のロビーや展望室、社食や談話室などが載っている。

その上には、今話題の神谷ビルって、でかでかと文字が躍っていた。


0
  • しおりをはさむ
  • 234
  • 5647
/ 380ページ
このページを編集する