その手が離せなくて 【完】 

第1章 /数合わせ



「お先に失礼しまーす」


まだ残っているみんなに頭を下げながら、足早に事務所を後にする。

急いで乗り込んだ一面ガラス張りのエレベーターからは、真っ赤な夕日の沈む様子が見えた。

赤く染まっていく東京の街を見て、思わず目を細める。


今日も一日が終わった――。

何の変哲もない、一日が。


携帯をいじりながら歩く高校生の脇を抜けて、お目当ての電車に飛び乗る。

上京したばかりの時は右も左も分からなかったのに、8年もいればもう慣れたもんだ。


パンパンに浮腫んだ足でカツカツとヒールを鳴らしながら家路へと急ぐ。

すっかり夕日も沈んでしまって、片手に持っていたスーパー袋の揺れる音だけが妙に世界に響いた。



しばらくすると見慣れたマンションが視界に入って、鞄の中からキーケースを取り出す。

そんな時、図った様に携帯の着信が鳴った。



0
  • しおりをはさむ
  • 349
  • 5679
/ 402ページ
このページを編集する