その手が離せなくて 【完】 

第2章 /さよならの先には



あれから一週間が過ぎた。

たぶん、一週間だったと思う。


あれから萌は、毎日の様に私に電話をしてくれた。

他愛もない事だけど、今日あった事や楽しかった事を話してくれる。

萌には感謝してもしきれない。

こんな私を見捨てないで、側にいてくれるんだから。


仕事はしている。

ただ淡々と、どこか虚ろに。

周りの人達はあからさまな態度は取らないにしろ、どこか壁を感じた。


軽蔑しているんだと思う。

でも、迷惑をかけている事は明らかだから、仕方のない事だと思う。

もう、ここに私の居場所はない。



コツコツと長い廊下を歩く。

目の前には、見慣れた会議室が見えて深い溜息を吐いた。


さっき部長に呼ばれた。

きっと、私の処分についてだと思う――。


0
  • しおりをはさむ
  • 349
  • 5679
/ 402ページ
このページを編集する