天帝の姫 上 【完】修正中

Impulse 衝動 /都姫ポイント








美味しいケーキを食べて満足した次の日。




学校に登校してすぐに、私は空き教室に拉致られた。




もちろん犯人は、雫と夏帆。








「さあ、詳しく聞かせて貰いましょうか?」


と、眼鏡をグィと上げて雫が顔を近付けた。




「えっ?な・・・何を?」


雫の迫力にタジタジしながらそう聞けば、



「もう、姫ちゃんたら・・・クスクス、天帝様の事だよぉ。」


夏帆が、ニコニコしながら説明してくれる。





その笑顔、怖いんですけど。





「そうよ!白状しなさいよ。」


雫、別に隠してる訳じゃないんだけど。




「白状って言われても、何も隠してないし。煌哉とは友達になったんだよ。」


「はぁ・・・友達ねぇ・・・まぁいいわ。友達になった経緯を教えて頂戴。」


そんな大きな溜め息をつかなくてもいいのに。




あ・・・でも経緯を言うって事は、あの夜の追いかけっこの事も話さなきゃいけないんだよね?





いやぁ~それは不味いでしょ?




チラッと雫を見る、めっちゃ見てた。




アハハ・・・と笑みを浮かべたものの、雫の真剣な表情は崩れない。




こ・・・怖いです。




ちなみに、今の状況はと言うと、席に座らされてる私と、その正面に見下ろす様に立ってる雫。


夏帆は雫の横で苦笑いを浮かべてる感じ。






どうみても、逃げれる感じじゃないでしょ?




雫は聞くまで許してくれそうにないので・・・。




仕方なくあの日の事を説明する。





薫に呼び出された事。


その途中で変な奴らに追いかけられた事。


で、逃げる途中で煌哉にぶつかった事。


それから、偶然会って友達になった事。





話終えた私は雫のお小言が落ちてくるのを覚悟したのに、落ちてきたのは盛大な溜め息だった。






0
  • しおりをはさむ
  • 562
  • 7667
/ 419ページ
このページを編集する