天帝の姫 上 【完】修正中

Confusion 混乱 /恭弥ポイント











「チッ・・・颯真の奴うぜぇ。」


唸るような低い声と同時に聞こえてくるのは、ガシャンと何かの割れる音。






俺は音の元に目を向ける。





煌哉が投げた椅子が命中して、割れた窓ガラスの残骸が無惨に散らばる。




押さえる事のない殺気を体から放ってるうちの天帝様を見て、報告をしたのは失敗だと溜め息をつく。





もう少しオブラートに包んで報告した方が良かっただろうか?




今更ながらに少し後悔する。






苛立って落ち着かないように煙草をふかす煌哉を見て、溜め息を漏らした。







煌哉がこうなったのは10分前に伊沢から来た報告をそのまま伝えたからだ。






伊沢と大黒には、姫の護衛として市川西校へ潜り込んで貰った。




交流会なんて、まったく余計な催しを考えてくれたもんだよ。





おかげで、うちはいい迷惑を被ってる。






ほんと、伊沢達を潜り込ませて正解だったよ。





まさか、姫達のグループと皇帝達のグループが合同になるなんて・・・。





運が悪いと言うか、なんと言うか。






その上、変装してる姫を皇帝が気に入ったって言うんだからね?





ほんと、不運を笑うしかない。






伊沢から貰った交流会の報告を煌哉にしたとたんに、この様だ。






ピリピリとした空気が肌に刺さりそうだよ。





まさか、煌哉がここまで憤慨するとは予想外だった。






いつも冷静で、何事にも冷めてる男が、姫の事でこうも取り乱すとは・・・。







まぁ、人間らしくていいとは思うけどね?






ただ、クラスの連中が完全にヒビッてるのが不憫に思える。






ちなみに、今は5時間目の授業中。





教壇に立つ教師は、明らかに目を泳がせて見て見ぬふりを貫いてる。











0
  • しおりをはさむ
  • 570
  • 7747
/ 419ページ
このページを編集する