Bloody wolf(完結)

新しい仲間 /不本意な決め事


晴成に連れてこられたウルフの溜まり場の二階の部屋。

なんでもここは幹部以外が入れない幹部室だと言うことを、今日になって知らされた。


前の時に知ってたら入らなかったよ。

一回入っちゃったら、もう一緒なのでうだうだ言わずに前と同じソファーに座ったけど。


晴成も秋道も複雑そうな顔してる。

瑠偉はやけにニヤニヤしてる。


豪は・・・よくわからない顔だ。

何を考えてるか読み取れない。


「・・・巻き込んで悪かったな」

済まなさそうな顔で私を見た晴成。

「あ・・・別に」

被害にあってないし。

そりゃ、ちょっと驚いたけどね。


「それと・・・助かった」

「ああ、ん。それはいいよ」

渡し自信も危なかったから、自己防衛できないものだったしね。



「て言うか、響ちゃんすっげぇ強いな」

まってましたとばかりに小江を出したのは瑠偉。

「ん、まぁね」

伊達に小さい頃から空手やってないし。



「何か武術の心得でも?」

秋道にそう聞かれ、

「空手をね、少し」

と返した。


「なるほど、あの鋭い蹴りはそのおかげですか」

感心したように言う秋道に、

「ん、まぁ」

頷いた。

あまり深く聞いてほしくない。


「でも、あれは喧嘩慣れしてた動きだった」

晴成は、神妙な面持ちで言う。


あ・・・まぁ、痴漢撃退とかで、ちょっと使ってたからなぁ。


「そんなに喧嘩なんてしてないわよ」

喧嘩じゃなくあれは撃退だし。


「あの蹴り惚れ惚れしたぁ~」

跳ねる勢いで光希が言うと、

「だよなぁ。格好よかった」

と瑠偉が同意したようにうんうんと頷いた。


「そ」

嬉しいような恥ずかしいような。


「ぜひ、今度一度手合わせを」

そう言った豪は期待を込めた視線を向けてくる。


いやいや、なぜ、そうなった。

豪みたいな大きな体格の相手とやるのは疲れるから、正直嫌だよ。


「ちょっと・・・それは」

言葉を濁してやり過ごす。


「あの動きだけ見てたら、晴成ともいい勝負しそうだよなぁ」

両手を後頭部に当てて瑠偉はそう言って笑う。

晴成とも戦わないし。


「さすがに無理。さっきのあれは敵が油断してたから仕留められたのよ」

体力と体格で差があるのに、本気の男を2人も相手してあんな簡単に勝てない。



0
  • しおりをはさむ
  • 2487
  • 7667
/ 419ページ
このページを編集する