Bloody wolf(完結)

新しい世界 /巻き込まれる









黒塗りの車で連れてこられたのは、かなり高級そうなフランス料理店。


いやいや、学生服で来ていいのか?

そわそわしてしまう。


店長らしき人に案内されて個室に連れてこられたのはいいけれど、居心地悪くて仕方ない。

進められるがままに四角いテーブルに座ったけれど、対面に晴成と秋道が座ってこちらを見てる。


うわぁ・・・最悪。

なんなの、この目の前の美丈夫2人。


普通の女の子なら目をハートにしてドキドキしてるところだろうな。

私、別になんとも思ってないけど。

面倒臭いとしか言いようがない。


「改めて佐々木秋道です。秋道と呼んでいただいて結構です」

「・・・はぁ」

曖昧な笑みを返す。

心の中で既に呼び捨ててたけどな!


「俺は晴成な、赤谷晴成。覚えてたと思うけど」

さも当たり前のように言うのでムカついて、

「ん。しっかり忘れてたけどね」

と返してやる。


「はぁ・・・おまっ・・・マジかよ」

項垂れた晴成を見てしてやったり、と思った。

「ククク・・・忘れられてたんですね」

ニヤリと口角を上げて楽しそうに晴成を見る秋道。

秋道はどう考えても、腹黒なんだろうなぁ。


「もう、ぜってぇ忘れんなよ!」

叫ばなくてもいいけどね。

「そうね・・・多分忘れないわ」

こんな迷惑かけられちゃね。

明日には、学校中に広まってるのよ。

黒塗りのイケメンに拐われたって。


本当、邪魔くさい。


「多分て、なんだよ」

と突っ込んできた晴成は、

「落ち着いたらどうですか?」

秋道に諫められる。


「・・・チッ」

不貞腐れてもイケメンはイケメンなんだなぁ。


「あの日、晴成を助けてもらって助かりました」

「はぁ」

「頭が取られたらうちのチームに大打撃でした」

「・・・チーム?」

秋道の言葉に冷や汗が出る。


チームって何?

サッカーチームとか野球チームとかじゃないことは、この人達の風貌から見て分かる。


ますます面倒なことになってきたよ。

巻き込まれたくないのに、巻き込まれてるかんが否めない。


「あ、知りませんか? ウルフっていう暴走族なんですけど」

さっさりときっぱり言い切った秋道に、ダメなやつだ項垂れた。


勘弁してよ。

あの噂のウルフだなんて。

まぁ、噂しか知らないんだけど、面倒臭いってことは間違いないよ。





0
  • しおりをはさむ
  • 2468
  • 7548
/ 419ページ
このページを編集する