Bloody wolf(完結)

新しい世界 /嘘と私と本気と



学校につくと、そこは針の筵だった。

チラチラ、ジロジロと無遠慮に女子からの視線が注がれる。


いやいや・・・マジか。

ここまで、酷いとはさすがに思ってなかったよ。


チームウルフ・・・パねぇ。

と冗談はさておき、教室に入っても状況は変わらなかった。

こっちを見てひそひそ話す女子に辟易しながらも、無表情で机に座った。


頬杖をついて窓の外へと視線を向ける。

後頭部に突き刺さる視線が痛い。

禿げたらどうしてくれるんだ。



「・・・はぁ」

この視線は絶対に晴成のせいだ。

及川君の時の視線なんて比じゃない。


明日は休みだから、なんとか今日乗りきろう。



「響!」

名前を呼ばれて振り返ると、教室に入ってきたばかりの千里が、慌てて駆け寄ってくる所だった。


「はよ」

いつもと変わらない挨拶をすれば、

「昨日、大丈夫だったの!」

と力を込めて言われた。


「ああ、問題ないよ。人違いだったみたいですぐに解放されたし」

耳をダンボにして私達の会話を聞いてるクラスメートに聞かせるために、少し大きめ音量で答えた。


「人違いだって」

「なんだ・・・そうよね」

なんて言う会話が漏れ聞こえてくる。

よしよし、そのまま話を拡散してね。


「良かったわ・・・心配してたんだ。あの車怪しい感じだったし」

千里に嘘をついたのがちょっと心苦しい。

でも、この子まで巻き込むわけにはいかないからね。


「ごめんね。帰ってからバタバタしてて連絡できなかった」

「ううん、響が無事ならいいのよ」

ホッとした様に笑った千里。


「篠宮さん、昨日大丈夫だった!」

爽やか少年が、今日は焦った顔で教室のドアから一気に距離を詰めてきた。


「ん、問題ない」

「そっか。間に合わなくてごめんね」

悔しそうに言った及川君に、間に合わないように出発したとは言えない。

晴成と対峙していたら、及川君の方が危険だったからね。


あの時の晴成の瞳は、獲物を見つけて興奮した狼のそれだったから。


「人違いだったみたい」

ここでも、小さな嘘をつく。

今日は1日、これで押し通すと決めたから。


「そうか。迷惑な話だな」

「そうね。まぁ直ぐに解放されたから」

私の為に怒ってくれてる及川君に申し訳ない気持ちになりつつも、さらりと嘘が口をつく。






0
  • しおりをはさむ
  • 2485
  • 7665
/ 419ページ
このページを編集する