Bloody wolf(完結)

歯車はゆっくりと回る /矛盾する思い





あの日、晴成達に連れられて行った夜のドライブは、悔しいけど楽しかった。

関わりなくないと頑なに思っていたくせに、彼らと居ることが自然すぎて。

居心地の良さを感じてしまった。


自分勝手で我が儘な私と、ウルフの幹部達は笑顔で接してくれた。

まるで、私がここに居ていいと言ってくれてるみたいに錯覚を起こす。


私の居場所じゃないのにね。



ドライブの後、晴成は私をバイクで送り届けてくれた。

暴走しないからか、晴成のバイクは静かで乗り心地良かった。


別れ際に、『またな』と言ってくれた晴成に『気が向いたらね』としか返せなかった私は天の邪鬼。

彼らとこれ以上、近付いてしまうことが怖かった。





「聞いた? ウルフの総長がバイクの後ろに女の子乗せてたんだって」

「聞いた聞いた」

「どんな子かな?」

「「羨ましい」」

窓の外へと視線を向けていた私の耳に、クラスメートの会話が聞こえてくる。


情報回るの早すぎでしょ?

どうなってんのよ。


「彼女かな?」

「いや~! 今まで特定の子は居なかったのに」

彼女じゃないわよ。

バイクの後ろに乗ったぐらいで、大袈裟だわ。


「学校はウルフの噂で持ちきりね」

私の前の席の子に椅子を借りて座ってた千里が、大声で話す女の子達へと目を向けた。

「そんなに噂なの?」

ゆっくりと千里に視線を向けた。


「学校に来てから何度か話してる子を見たわ」

「へぇ、そうなんだ」

「響は相変わらず興味なしなのね」

と笑う千里から視線を窓へと戻す。


正体がバレてたら困るけど、晴成の後ろに乗ってたのが私だってバレなきゃいい。

こんなに噂になるなら、迂闊なことはしなきゃ良かったと思うけど。


でも、楽しかったんだよね。

夜のドライブ。


風を切って、流れる景色を見て。

モヤモヤしたものが全て吹き飛んでいく感じがした。


バイクに乗ってる時だけは、余計な事も考えなくて済んだし。


「総長の彼女の噂のおかげで、篠宮の噂は立ち消えたから良かったね」

「ゲッ」

いつの間に来たのよ、及川君。

隣に立ってニコニコ笑ってる及川君に、溜め息を漏らす。


0
  • しおりをはさむ
  • 2469
  • 7571
/ 419ページ
このページを編集する