ヒヤシンス 【 完 】

壱 /始 ( 海歟 Side )

「 ーーHyacinth 、」

「はい?」

この男は俺の言った事が通じてないらしい 。

「ヒ、ヒヤ なんとかって食べ物ですか?」

たしかに、男が花の名前について

詳しい筈がない 。

「花だ 、 」

「わ、若 、 あまりにも発音が良すぎて、
聞き取れませんでした 」

「あ?
てめぇの耳が悪りぃだけだろうが」

鋭い眼光で、ソイツを睨む 。

「若、そこらへんで勘弁してやって下さい 」

襖を開け、こちらに入ってくる男 。

「朔夜、こいつが言ったんだぞ、
何でも致しますって」

0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 210
/ 275ページ
このページを編集する