ヒヤシンス 【 完 】

弍 /動 ( 洋次郎side )




ー ー ー ♪ .

無機質な部屋に響く着信音 。

目が覚めた俺はディスプレイに表示されている
時計を見る 。

〈 2 : 15 〉

通話ボタンを押す 。

「 若 、相模です 」

ひどく低く聞こえる相模の声 。

「ああ、なんだ 」

兄貴が相模に依頼してから、
早2週間 。

「桜田千歳の居場所がわかりました」

携帯を握る手に緊張が走る。

「しかし 、
これはお教えしても宜しいのでしょうか」

なにか企んでいるような、
楽しんでいるような言い方に、

イライラする。

「 はやく言え 、」

「では、申し上げます、」










「桜田千歳は、吉良組の屋敷にいます」







0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 210
/ 275ページ
このページを編集する