ヒヤシンス 【 完 】

参 /謝罪 ( 百合子side )




とても悔しかったの ー .
海歟に愛されている千歳さんが 。

妬ましくて 、
羨ましくて 、

私には絶対に向けられないあの優しい瞳。

赤いヒヤシンスの花言葉 、
「 嫉妬 」 は 、

あの子を妬んでいる私の気持ちだったのね 、











0
  • しおりをはさむ
  • 395
  • 210
/ 275ページ
このページを編集する