狂愛【完結】

抗争 /カフェ nera farfalla(ネーラ ファルファッラ)

「・・・なんでいるわけ?」


「ゆいかちゃん、酷くない?俺、ココの店長だよー?」


「他に適任者はいると思う。」



そう呟く私の横で、蓮が深く頷いた。


「またまたぁー、俺と会えて嬉しいっしょ?あ、ミキちゃんはキャラメルフラペチーノね?電話番号と交換ー。」


目の前のチャラ男を置いて蓮に案内されるまま、店内からは存在が伺えない通路に入った。

廊下を進んですぐ、【関係者以外立ち入り禁止】と書かれた黒い扉が見えその扉に、蓮がカードキーを通した。



ピピッ・・・カチャ・・・



認証の音が聞こえ、施錠が外れる。


「ココ、兄貴が用意したんだ。」


「・・・また。私の為にココまでしてくれなくてもいいのに。」


お金が勿体ないと付け足す私に、蓮が苦笑いを返す。


部屋にはいると、真新しい木の良い香りがした。


家具はいつもの通り黒を中心に。


でもカフェということを意識しているのか、デザインはどこか可愛らしかった。


向かいにある扉が目に止まる。


「・・・あの扉は?」


私の視線の先に気付いた蓮が、「ああ・・・」とこぼす。


「あの扉は外に繋がってる。ここに直接来れるようにと、目の前が図書館棟の裏口の前だから、レポートとかもやりやすいだろ?」


必然と他人の目が集まりやすい私が動きやすいように、奏が配慮してくれたようだった。


「・・・で?あの、小窓は?あとその横の壁のボタン。」


近付いてみると、壁にちょっとした小窓があり、小さな半円形のテーブルの上には、お店のメニューが置いてあった。


その小窓の横の壁には『STAFF(スタッフ)』と書かれた、ボタン。


「・・・押してみろよ。」


おもしろそうに言う蓮に、いやな予感がしながらも、ボタンを押す。

0
  • しおりをはさむ
  • 4218
  • 10938
/ 507ページ
このページを編集する