狂愛【完結】

奏とゆいか /フィナーレ



西も片づいたと、翠さん自ら電話がきた。


『この度は、ご迷惑をおかけいたしました。
ご迷惑ついでなのですが・・・
来月そちらへ伺うことになると思います。申し訳ありません。』


「ふふ、翠さんは謝ってばかり。
ここは【ごめんなさい】より【ありがとう】がいいんですよ?」


『・・・・ありがとう。』


「・・・はい。では、来月お待ちしています。」


翠さんの柔らかになった声音に、私の顔も緩む。

電話を切ろうとした瞬間、


「・・・翠、気安く電話すんじゃねえ。」


電話を取り上げられ、翠さんに放たれた理不尽な命令。


(あとでいつでも電話してきてかまわないと、メールしておこう。)


ブチリと極悪顔で通話を切っている奏を見ながらそう思った。


「ゆいか、翠の電話になんか出るな。
産気づくだろが。」


意味不明なことを言って私を腕の中に包み込む奏の顔は嬉しそう。


「・・・結局寂しかっただけでしょう?」


クスクス笑う私に、ふてくされた奏が抱きしめる腕に力を込めた。


「・・・ちげえし。」


クスリと微笑んだ私は、奏の唇を塞いだ。


チュッとリップ音を響かせて離れれば、不満そうな目が私を見つめている。


「春くんに、笑われるよ?」


そう言って出たお腹を撫でれば、私の手ごと包み込む、奏の大きな手。


春は、男の子。


女の子は、夏か冬に期待。


「またライバルが増えたし。」


ため息をつきつつも、奏の表情は嬉しそうだった。


0
  • しおりをはさむ
  • 4216
  • 10932
/ 507ページ
このページを編集する