366

366日、彼らは笑う。 /2月25日 親に感謝の気持ちを伝える日 冬夜×麻衣子



TV「今日は、親に感謝の気持ちを伝える日です!みなさんもご両親にプレゼントを贈って感謝の気持ちを伝えてみては?」


冬「ふん、感謝だって。ウケる。」

麻「またそんなこと言って。あんな良いご両親に恵まれてるのに、バチが当たるよ?」

冬「バチだって。麻衣子ってたまに婆臭いよね。」

麻「……なのになんでこんなにひねくれたんだか。」


冬「なんか言った?」

麻「言いました!感謝の気持ちをちゃんと伝えてないと、後で後悔するんだから!」


冬「うちの両親舐めないでくれる?あれ多分100歳まで生きるよ。」

麻「……。」

冬「頭も顔も、身体の仕組みだってその辺のとは比べものにならないんだから。あんな完璧な2人がアホな死に方するわけないし。俺の両親だよ?最高の作りに決まってる。」


麻「そりゃ、そうですよね。」

冬「そうだし。麻衣子変なこと言わないでよ。」


麻「さーせん。」


これは、両親自慢なのか、ナルシスト発言なのか、図りかねた麻衣子。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する