366

366日、彼らは笑う。 /3月1日 ファミリーファーストの日 龍綺×真琴



龍「真琴、ちょっとええか?」


真「ん。なにさ。」


龍「今度な、家族で会食でもしよか思うてんけどな。」


真「おお!いいねぇ!龍綺のくせにどったの?」


龍「僕、そんなに家族省みてへんか?」

真「まぁよくも悪くもないんじゃない?普通ー。」


龍「……。」


真「で?」


龍「こ、今度な、ファミリーファーストの日っちゅうんがあるやんか。」


真「そうなん?へー。その日に家族サービスしようぜ的なの?」


龍「そうやな。うちの組はその日にみんな家族サービスする決まりなんや。家族を大切にしたいんやけど仕事で家に帰られへん奴等が多いからな。」


真「……。」


龍「真琴?」


真「でもそれってさ、」


龍「ん?」


真「家族がいない奴等は?」


龍「……ただの非番やな。か、留守任されるか、警備や。」


真「はぁ?」

龍「家族っちゅうんを作るんが苦手な奴等もおるからな。仕方ない。」


真「……そうはさせん!」


龍「ま、真琴?」



真「我が家は!っつっても私と龍綺と翠だけだけど!我が家は今年は本家で過ごす!」


龍「ええっ!会食後ホテルでしっぽりしよ思うてたんやけど……」


真「却下!」


龍「……すんません。」


真「今年は本家で!"家族"と過ごすから!」


龍「っっ、」


真「……文句ある?」


龍「……真琴。」


真「なによ。」


龍「愛してるで。」


真「はふっ、ば、馬鹿っ!そんなこと、は、」


龍「最高の嫁さんやな。」



男気溢れる真琴ちゃん。ファミリーをどんどん増やしております。




0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10936
/ 693ページ
このページを編集する