366

366日、彼らは笑う。 /3月8日 散髪の日 鉄×奏×隼人




鉄(男なら、身だしなみはきちんとしなくちゃならねえ。


  今日も行きつけの床屋で散髪をしてきた。


  しかし今日はいつもと少しちげえ。


  店の親父の提案で、側面の刈り具合を変えてもらった。


  俗に言うイメチェンっつう奴だ。)


  「若、お疲れ様です!」


奏「ああ。ん?鉄。」


鉄「へい。」


奏「お前そろそろ散髪行けよ。側面伸びてきてんぞ。よし、今日は鉄の散髪日っつうことで家に帰んぞ。」


隼「もう。奏はサボりたいだけっしょ。いつもと変わらなくない?伸びてねえし。」


鉄「……。」



奏は意外と鋭い。隼人は鈍い。だけどどちらにも言いたいのは、自分は今日散髪に行ってきたばかりということだ。意外と可哀そうな鉄さんでした。


0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10937
/ 693ページ
このページを編集する