366

366日、彼らは笑う。 /4月8日 タイヤの日 奏×ゆいか×鉄×隼人




奏「どうだ?」


鉄「パンク、っすね。」


隼「めんどいよね~。手が汚れるし、鉄よろしく!」


奏「てめぇも一緒にやりゃ早く終わんだろ。やれ。」


隼「えー…」


奏「……。」


隼「すみません。やります。」



ゆ「どうしたの?」


奏「パンクだってよ。そこに喫茶店があんな。待ってようぜ。」


ゆ「え、2人で大丈夫なの?」


鉄「若姐さん、行ってきてくだせぇ。これくらい造作もないっすから。」


隼「奏にジッと見られてる方が嫌だからお願いだから行ってきて!」


ゆ「え?あ、うん、じゃ。」


奏「チッ、」



---、



ゆ「ふふっ、」

奏「どうした?」


ゆ「奏と喫茶店なんて、抹茶以外あまり行ったことないよね。」


奏「ああ、そうだな。」


ゆ「それに誰も他にいない、2人っきりなんて。」


奏「……嫌か?」


ゆ「ううん、とんでもない。凄く得した気分。パンク万歳。」


奏「……、」



奏くん、ただいま昇天中。



0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10938
/ 693ページ
このページを編集する