366

366日、彼らは笑う。 /4月8日 出発の日 頼×文人




頼「よろしくお願いします。……黒蜜くん。」


文「頼、」


頼「なんでしょう?」


文「いい加減、やめろよ。」


頼「え?」


文「……俺、もう黒蜜じゃないんだけど。」


頼「あっ、そ、そうでした。……白坂、くん?」


文「馬鹿じゃねえの。」


頼「えっ、すみませんっ。」


文「文人って呼べよ。お前の夫だろ。」


頼「っっ、ふ、文人、さん?」


文「……。」


捕まっちゃった文人。新たな門出。出発の日。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する