366

366日、彼らは笑う。 /4月12日 パンの日 蓮×ゆいか×隼人





ゆ「蓮、行ける?」


蓮「……ああ。」


隼「どしたの?」


蓮「近所に、朝6時から開くパン屋ができたんです。」


隼「ふーん。で?蓮くんとゆいかちゃんが毎朝そこへデート、的な?」


蓮「っっ、違いますっ。兄貴と行くと客が委縮するって言うから、」


隼「ふーん。おかしいなぁ、蓮くんの方がガタイもいいし、結構厳つい外見なのにね。」


蓮「……まぁ、確かにっすけど。」


隼「人は内面が出るって言うしねー。役得じゃん。よかったね。」


蓮「……そうでもないす。」


隼「え?」


ゆ「蓮、奏が早くって怒ってるよ?」


蓮「ああ、今行く。」


隼「ん?奏くん?」


蓮「……兄貴も行って、いつも店の車の前で待ってます。」


隼「あー、そういうこと。」


蓮「……行ってきます。」



それでも役得。愛するあの子とパンデート。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10933
/ 693ページ
このページを編集する