366

366日、彼らは笑う。 /4月15日 良いコラーゲンの日 ゆいか×真琴×弘人




真「ひろぽん、ヒアル日和ってどう?」


弘「あれ?あんまりよくなかったわ。」


真「じゃー今度出たヒアルロン曜日は?」


弘「あ、あれねー。結構もっちりしたわ。でも俺はヒアルってやつが一番しっくり来たな。」

真「そっかー。でもひろぽんと私の肌質って違うしなー。」


弘「だな。人に勧められても結局自分に合ったもんがいいだよ。」


真「でも私、ヒアル、試してみるわ。」


弘「じゃー今度少し分けたげる。」


真「ありがとー助かる!」


弘「一瓶買って合わなかったら損だしね。」



ゆ「2人共なんの話?」


真「ゆいかには関係ないから。」


弘「そうそう。」


ゆ「……え。」


真「っっ、違う違うっ、」


弘「誤解だって、そう言う意味の関係ないじゃない!」


ゆ「じゃぁ、なに?」


真「ゆいかさん、お風呂上りにまず何をする?」


ゆ「……水を飲む?」


弘「顔を洗った後は?」


ゆ「……メイク、とか、」


真「それで、」

弘「これ。」


真「ゆいか見てるとたまにケアって必要ないんじゃないかって思う時あるよね。」

弘「乙女のたしなみしてないのに、なんで俺たち以上に乙女なわけ?」


ゆ「……弘人、自分も乙女になっちゃってるよ。」



結構親父臭いゆいかちゃん。リアルが充実しすぎているからでしょうか。彼女のお肌はいつもつやつや。


0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10934
/ 693ページ
このページを編集する