366

366日、彼らは笑う。 /5月30日 お掃除の日 奏×隼人×鉄





隼「今日って、お掃除の日だって知ってる?」



奏「知らねえしどうでもいいな。」


隼「そうやって日々つまらなく生きてるといずれ禿げるよ?人としてのゆとりをもって過ごさなくちゃ。ね?鉄。」


鉄「……へぇ。」


奏「お前みてえに毎日頭に花が咲いてるよりマシだ。」


隼「は?ユーモアも分からない堅物に言われたくないな。そんなんじゃゆいかちゃんに逃げられちゃうよ?」


奏「……鉄、今日はお掃除の日だそうだ。」

鉄「へぇ。」


奏「掃除してやれ。隼人をな。」


鉄「かしこまりやした。」


隼「ええええ!いやいや、早まるなって!なんで鉄、拳鳴らしてんの?助けて!」



奏「……冗談だ。」


隼「へ?」


奏「ユーモアも必要なんだろ?冗談だ。」


隼「全然面白くないよ!」



こんな3人でも、立派に組を動かしてきました。



0
  • しおりをはさむ
  • 5985
  • 10938
/ 693ページ
このページを編集する