366

366日、彼らは笑う。 /6月1日 氷の日 まりか×彰





ま「ねぇ、」


彰「なんだ。」


ま「人を完全に凍らす方法って、あると思う?」


彰「そりゃ、あるだろ。」


ま「でも、解凍した時は絶対死んでるよねぇ?」


彰「そりゃそうだろうな。」


ま「なぁんだ、ざんねぇん。」


彰「どうした?」


ま「彰もゆいかも私も、凍って100年後まで寝てたら、目が覚めた時面白いかもしれないのになぁって、思ったの。死んでただ楽しめないじゃん。」


彰「……そうだな。」



まりかの純粋な愛情は常に歪んでいるけれど、愛情は、愛情です。



0
  • しおりをはさむ
  • 5984
  • 10932
/ 693ページ
このページを編集する